Top > 猫背の原因とトラブル

猫背の原因とトラブル

なぜ猫背になってしまうのでしょうか?

長時間のデスクワークやパソコンの前で、つい前かがみになってしまうことは誰にでも経験があるかもしれません。

このような日常の動作が猫背の原因になってしまうことも多いのです。

運動不足や老化などによる筋肉の衰えも、猫背の大きな原因です。

背骨を支える筋肉の力が弱くなると、前へかがむようになり猫背になってしまいます。

現代人は、腹筋に比べて背筋を使う機会が少ないため、背筋はどうしても弱りやすくなってしまうのですね。

猫背になると腰痛を起こしやすくなります。

猫背の方は体の重心が前にずれているので、全体重の6割がかかるとされる腰の部分に大きな圧力がかかってしまいます。

この結果、腰にかかる負担を分散して受け持っている腹筋、椎間板、背筋のバランスが崩れ、筋力が弱い背筋は耐えきれなくなって腰痛が起こるのです。 

また、猫背になると肩こりも起きやすくなります。

猫背の方は、頭の重みを背骨だけでは十分に支えきれなくなり、その重みを首から肩にかけての筋肉が引き受けることになるので、これらの筋肉に大きな負担がかかってしまいます。

また、血流量が減少し、血行が悪くなって筋肉は硬くなり、乳酸などの疲労物質や老廃物が首や肩などに溜まってコリや痛みが起こります。

背筋を強化すれば猫背矯正できることになりますが、日常生活の中で背筋を鍛えるのはなかなか難しいのです。

「猫背を矯正して良い姿勢を!」という意識を持ち続けることが大切です。

横須賀の整体

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
満足の美容メニュー(2016年1月26日)
第7章破産の側面(2016年1月21日)
ゾーンセラピー(2015年4月19日)
猫背の原因とトラブル(2015年4月17日)
ネット集客 宣伝(2014年7月30日)